komanyunの日常

とりとめもないことを綴った雑記

ウイルスの立場から新型コロナウイルス感染を防ぐ方法を考えてみる

毎日大勢の人が感染し、尊い命が失われて生きます。米国では少なくとも10~24万人が亡くなると試算されていて、目を白黒せざるを得ません。

ワクチンの開発を待つのもいいですが、我々に出来ることを探していきませんか。そのために、この状況をウイルスの立場から考えてみるのはどうでしょう。

ウイルスの振る舞いが分かれば、立ち向かう術が見えてくるかもしれません。

f:id:idea-for-life:20200401201301p:plain:w400

続きを読む

犬の足がガクッとなるナックリングが治った!!

相変わらず緩い体型のうちのワンコです。
f:id:idea-for-life:20200320112214j:plain:w400


去年の花見の季節、長距離を散歩していたら、なんども左前脚を踏み外していました。
f:id:idea-for-life:20200320120249j:plain:w400


心配になり、急いで抱きかかえて病院で診察を受けたら、「年ですね。アンチノールという関節炎に効くサプリありますけど飲みます?」って。

「年ですね」という響きに、気持ちがどよーん。紹介されたサプリを2ヶ月服用してみても、効果はなし。かといってここで辞めてしまうと、もっと悪くなる気がして悶々とした日々をすごしていました。

3ヶ月、4ヶ月…8ヶ月、進行は止められてるのかもしれない、けど完全復活とはならず。踏み外しを見る度、胸がチクチク痛みました。

ところが8ヶ月目、思わぬ所で回復の機会を得たのです。

続きを読む

犬の前庭疾患予防に出来ることはナンだ?

パレンも13歳と、もういいお年。12歳からは病気がちになるワンちゃんが増えるとか。とくにシニアで多いのが、耳の奥の方の「前庭」に障害がおきて、姿勢や身体のバランスがとりにくくなったり、目が細かく揺れてひどいめまいを起こしたりする前庭疾患。

愛犬がふらつき、旋回、眼振、失禁、吐き気をもよおしてるのを見ると、飼い主もめちゃくちゃ動揺してしまいます。なので、未病の段階で出来ることはないか、探してみました。


f:id:idea-for-life:20200318175049p:plain:w400

続きを読む

感染予防に効きそうなコレはどう?

新型肺炎の市中感染が広がってきました。もはや、ウイルスを防ぐだけでなく、免疫力で抑え込む必要がありそうです。

免疫力をあげるために、あれが効く、これが効くといった情報が錯綜し、にんにく/納豆/長いも といった滋養強壮に効きそうなものが店頭から姿を消したとか。それくらい人々は恐怖におののいているのでしょう。

現実問題、ウイルスに打ち勝つには、一人一人の意識向上と、体力をつけることです。手洗い、消毒はもとより、パンやご飯といった糖質の食生活を改め、ビタミン・ミネラルが豊富な食事へと切り替えて行きたいですね。

急に生活スタイルを変えるのも難しい、という人は栄養補助食品がおすすめです。味をついつい優先したくなるかも知れませんが、こういう緊急事態は、まずは効能。ちょっとまずくても、感染して重症化するよりマシと思ってみませんか?

続きを読む

密かに新型コロナウイルス予防に効果があると思ってる食べ物

政府の対応を見ていると、感染した人の8割は軽症だから、おとなしく自宅療養してね、と言われているように感じます。

しかし基礎疾患を持っている者は、感染が命取りになることもあり、悠長に2-3日様子を見るなんて、できません。マスク着用、手洗い、消毒、人混みを避けるといった感染予防策の他、体内に入った菌を増やさない手立ても講じなければ!!

そこで最近気になっている、あの食べ物を調べてみました。もしかしたら、本当に体内に入ったウイルスを撃退してくれるかもしれません。

f:id:idea-for-life:20200304181426j:plain:w400

続きを読む

お手製洗たくマグちゃん、1年2ヶ月使った結果は?

2018年の12月に、日経トレンディで上位に上がっていた洗剤のいらないすぐれもの「洗たくマグちゃん」を自作しました。→

それから1年2ヶ月、くる日もくる日も洗濯し続け、マグネシウムの力で汚れを落としてきたので、さすがに中身が溶けて軽くなって来ました。今どうなっているんでしょうか?

続きを読む

足腰がふらつくシニア犬に朗報!着るだけで若返るベルト

ワンコも年を取ると、足腰にガタがきて、踏ん張れなかったり、よろめいたり、見てて心配ですよね。

うちのワンコは13歳で、こんな心配事を抱えています。


・片足あげてオシッコするとき後ろ足がふらつく
・フローリングでブルブルすると足が横に流れてこけそうになる
・長時間あるくと左前脚がカクッっと抜ける
・階段の下りが怖くなった
・ご飯を食べるとき後ろ足がたまに震える
・右前脚だけ内股になるときがある

症状が出始めのころは、獣医師に相談して、モエギ貝のサプリを摂ったり、マッサージしたり、鍼やお灸を調べたり、といろいろと頑張りました。けれどもやはり限界があって、受け入れるしかないのかな、としょぼくれること半年。偶然にも去年の暮れにクラウドファンディングでこんなものを見つけました。

歩く喜びを!ワンちゃんの健康寿命を延ばすネックバンド! - WORK SHOP STEP INTERNATIONAL株式会社のプレスリリース

最初は着るだけで、体幹がしっかりするってどういうこっちゃ、と思っていたのですが、数々の動画を見ている内に、信じられないながらも、信じて見たいような気持ちも湧いてきて、「まぁ8000円程度だし、一か八かやってみるか」とファンディングすることにしました。

そこから2ヶ月。待ちに待った商品が届きました。今日はそのレビューです。

続きを読む

コロナウイルス対策~我が家の備蓄状況~

ますます本格的な取り組みを要してきたコロナウイルス対策。政府は「とにかく外へ出ないで!」と訴えています。そこでみなさん、なるべく外出しなくてもいいように、食料等の備蓄にこの週末励んでいられたのではないでしょうか?

スーパー、ドラッグストア、輸入食料品店に停めてある車の数は、普段の倍。混雑はそれほどでもないところをみると、感染リスクを下げるために子供や高齢者はお留守番させてるんでしょう。

棚の空きが目立つのは、主に、米やカップラーメン、缶詰といった長期保存食料品、トイレットペーパー、ウエットテッシュ、などの紙製品。SNSの影響が大きいです。買いたいともっても、もう買えない。

そういう状況の中で、なんとか必要最低限を買い求め、2週間分の備蓄品を手に入れてきました。

f:id:idea-for-life:20200302115218p:plain:w400

続きを読む

犬の長生きする理由を考えてみた

日本で最高齢のワンコは、柴犬の血がはいったMIX犬のプースケちゃん(26歳8ヶ月)。この子の何がスゴイって、旅立つ日の朝、食欲がなくなり、そのまま亡くなったってこと。

大きな病をすることもなく、認知症になることもなく、足腰がふらつくこともない。こんな奇跡ってあるの?もし、理由があるなら、知りたいです。

f:id:idea-for-life:20200229120224p:plain:w400

続きを読む