読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

komanyunの日常

とりとめもないことを綴った雑記

だから噛む犬になったんだ

アダルトチルドレンのサイトを見て、機能不全家族に生まれた子(AC)の傾向を
見ていたら、まさにパンピィ(柴犬 オス)にソックリ。

例えば、ACは相手が自分に同意する内は、仲良くするのに、相手が反論に転じると、

自分を否定されたと勘違いし、全力で攻撃する。
それは自分(犬)の気に入る行動を人間が取っている内は、命令を聞くのに、
気に入らない行動をとると、全身を使って噛みつきにかかる
という行動と全く同じ。

パンピィの親は穏やかで、血筋としては、飼いやすい部類に入る。
なのに、こんなに噛みつくのは、我々夫婦が不仲で、怒鳴り合う事が、パンピィに心
に不安と恐怖を植え付け、心の安定を奪ってしまったことが原因ではないだろうか。
心が不安定だから、ガマンする心が育たずに、気に入らないことがあったら
全身で自分の意見を通そうと噛みつく子になったのだと思う。

私は、自分がACだと実感するずっと以前から、子供を育てることはできないと
思っていた。自分が親として十分な成熟を遂げていないのに、神様から預かった
子供という宝を、すくすくと育てる自信がなかったから。
でも、「犬ならいっか」と安易に考えて、飼ってみたら、案の定子供を持ったときに
起こると想定していた問題が起きた。
心ある生き物なら、知能の高さにかかわらず、育てたように育つんだと、実感した。

犬だから躾ければOKというものではない。
犬も生まれてきたからには、”生”を謳歌する権利がある。
ペットを飼うとは、人間と動物が、共生するために、互いに線引きをしながらも
共に生きる喜びを享受することである。
そのために、自分が自分を幸せにできること。
自分が幸せでないと、目が曇って、正しい判断が出来ずに、自分も相手も傷つける。

ペットを飼うことは、安らぎをもらうことだけではなく、己の未熟さを実感し、改善
していく必要性を問われることにもなるんです。

いろいろ考えさせられますなぁ。