読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

komanyunの日常

とりとめもないことを綴った雑記

2016年末、最近買ってよかったもの

年末に向けて、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

年末だけに、掃除モードに入っている我が家です。
掃除といえば、道具です。
私はマイクロファイバークロスが好きで、家のあちこちに置いているのですが、如何せん色が派手。
なにかないかな~と探していると、激落ち君で有名なLECから±0のクロスが出ているというではありませんか?

拭き掃除の定番、クロス!

インターネットでチェックすると、ちゃっかりamazonにある!!

さっそく両方を買ってみました。
まず、並べてみる。
左がぞうきん、右がふきんです。
f:id:idea-for-life:20161216113206j:plain

ぞうきんは毛足が長くさらっさら。めっちゃ水吸います。
f:id:idea-for-life:20161216113241j:plain

ふきんは、乾燥のことも考えて薄手。
f:id:idea-for-life:20161216113310j:plain

両方とも±0のタグ付き。
f:id:idea-for-life:20161216113347j:plain

いままでタグってあまり気にしたことが無かったけれど、デザインの一部なんだな~と感じるようになりました。カッコいいタグ、GoodJobです。
インテリアを邪魔しないこういった落ち着いた色は、ありがたい。
家中において、フキフキしています。

加湿器のフィルター汚れには、酸素系漂白剤!

うちは気化式の加湿器を使っています。
加熱しないため、どうやっても1週間もすれば、フィルターがこんな感じに汚れます。
f:id:idea-for-life:20161216114122j:plain
黄色と黒のなぞグラデーション。
黄色は水道水に含まれるカルキの塊。黒はカビかな?
こんなものを介して、加湿していたらビョーキになります。

なので、寝る前にお湯を沸かしてそこにおおさじ1の酸素系漂白剤を入れフィルターを浸しておきます。

翌朝取り出すとこうなっています。
f:id:idea-for-life:20161216114257j:plain
見事、浸かっていたところだけ漂白されています。
仕上げに、このフィルタをゴシゴシと軽く洗うと、
f:id:idea-for-life:20161216114340j:plain
ハイ、本来の白い色を取り戻しました。

たぶん塩素系漂白剤でもいけるけど、反応が強すぎてフィルターの繊維が弱りそうなので、穏やかに漂白する酸素系漂白剤がお勧めです。煙みたいなのが出ますが、吸っても有害ではありません。

酸素系漂白剤はドラッグストアでもお求めになれます。
顆粒タイプのこんなヤツ。

デッカイサイズを買っておくといいです。

うちは生協で1.5kgというどデカイのを購入しています。
風呂釜洗浄、洗濯機槽のかび取り、ガラス食器の白くこびりついたカルキの除去、茶渋取り、衣類の臭い消し、タオルのカビ除去、五徳のコゲ取り(の工程の一部)・・・たぶんまだアル。
とまぁ、使える範囲が超広い。
漂白といいつつも、そこまで強くないので、塩素系に比べるとやや安心なのもポイント。
もちろん、混ぜてはいけない漂白剤があるので、そこだけはご注意を。

掃除で疲れた身体をしっかり休めるために

一日掃除して疲れた身体を休めるためにぐっすりと眠れるのどケアしてみませんか?
夜部屋の湿度は30%くらいです。
ここまで下がると、のどがイガイガします。

そこで加湿器を探したところ、おしゃれなこんなのを見つけました。

でも、レビューを読むと、なんだか手入れが面倒くさそう。
ズボラな私には向かない気がして、あれやこれやとネットサーフィンしていたら、思い浮かんだのが
”自然加湿でいいんじゃん!”
スキー合宿で部屋が乾燥するのを防ぐのに、バスタオルを部屋に干す、ってやつです。

さすがにバスタオルでは見た目が悪いので、不織布に水を含ませて加湿するタイプを探しました。

(なぜかブルーかなり値下がりしている。私が見たときは2000円超えてた(ガーン))

ベッドサイドに置いています。
f:id:idea-for-life:20161216120536j:plain

こうすると、湿度があがって40%超になりました。
f:id:idea-for-life:20161216120605j:plain

明らかにのどが潤っています。起きるのが楽になりました。
加湿の範囲は狭いので、寝ている側においてください。

お買い物に参考にしていただけると、幸いです。