読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

komanyunの日常

とりとめもないことを綴った雑記

華はあった方がいいと思った出来事

あるコンビニのイートインスペースで隣に座っていた中年女性二人が話していた内容。
「仕事の時、先生が私に冷たいから、めちゃくちゃ気を遣うの。『○○大変でしたね。お疲れ様でした。』は欠かせないし、持ち上げもちゃんとやる。けど同じパートの強気グループの方が先生のウケいいんだよね。」

なるほど、この二人は職場で仕えている人から冷遇されているのね。

片側の人は来週には辞めてしまうようで、残る人に「だからってあなた強気グループの人が『仕事代わりにお願い。』を全部聞くことないんだよ。自分のことを大事にしなよ。」と諭していた。

ただこの二人、見た目がちょっと・・・。
残る人は太めで白髪ボーボー。辞める人は細身だけど姿勢が悪く服装が時代遅れ。

その時、ふと高校生時代を思い出した。
合コンをやると男の子はかわいい女の子、華がある子を優遇し、美人でもなく着飾ってもいない子に対しては、そっけなかった。

仮にその先生とやらが男性だった場合、やはりオトコとしての傾向はあるわけで、ただ偶然オンナに生まれたけど女性磨きしてませんみたいな人と着飾っている女性がいたら、無意識に差別してしまうわけで。

お世辞にも美人とは言いがたい二人。
せめて髪型に気遣い、体型に気を配れば良いのに。
普段散歩で出会う人(近所のオバチャン)よりも華のない見た目って余程だよ。

女性に生まれたからにはちょぃとは美しくした方が得なんだなと思った出来事でした。