読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

komanyunの日常

とりとめもないことを綴った雑記

私の世界一の友達がお星様になった

そのワンコと出会ったのは、武蔵野の小道を歩いていたとき。
茶色をしたワンコは、私を横目でみて、後ろ足をぴぃーんと蹴った。
次の瞬間、さっとその場を去った。

二回目にあったのは、ワンコの自宅。

ガレージの門扉の前で、だまって佇む。

f:id:idea-for-life:20131129134342j:plain

黙って背中を触ると、じっと我慢して撫でさせてくれる。
後にこのワンコの名前は「チビ」と知った。
小道を通る度、私は「ちぃたんはいるかな」と門扉をのぞき込んだものだ。

そのうち飼い主さんと仲良くなってガレージの中に入ることが出来た。

f:id:idea-for-life:20131129134553j:plain

ちぃたんの家はお花や盆栽、葡萄のつたであふれかえる緑豊かな空間だった。
そこで夫婦ふたりとチビで仲良く暮らしていたのだ。

f:id:idea-for-life:20131129123810j:plain


ときに甘え、人間を慰め、みんなの心を豊かにするちぃたん。

f:id:idea-for-life:20131129134842j:plain


本当に心のきれいな子だった。
精神的に参っていた私にちぃたんはやさしく寄り添ってくれ
一緒に散歩してくれた。

f:id:idea-for-life:20131129122235j:plain

配偶者のSさんとも仲良く一緒に歩いた。

f:id:idea-for-life:20131129122314j:plain

季節毎に公園に遊びに行き

f:id:idea-for-life:20131129135217j:plain

f:id:idea-for-life:20131129135232j:plain


夏は涼を取るため床底にもぐり

f:id:idea-for-life:20131129135413j:plain

笹をたべて腸の健康を保ち

f:id:idea-for-life:20131129135514j:plain

おやつをあげると、ぐぃっと身体を寄せてきた。

f:id:idea-for-life:20131129135608j:plain

ちぃたんといるとすべてが楽しく、笑顔が溢れた。

ぱんぴぃも一度会ったことがある。
おにぃちゃんワンコとして、いろいろ教えてくれた。

f:id:idea-for-life:20131129135737j:plain


おやつも仲良く「待て」をして食べた。

f:id:idea-for-life:20131129135814j:plain

f:id:idea-for-life:20131129135847j:plain



それまで犬に縁の無かった私に、犬といる豊かさを教えてくれたちぃたん。
泣いて落ち込む私に黙って寄り添ってくれたちぃたん。
本当に本当に心からお世話になった。

あなたが私にくれた優しさ、慈しみの心、温もり、全部全部忘れません。
貴方に会えて本当に良かった。
どうぞ安らかに眠って下さい。
本当にありがとうございました。

f:id:idea-for-life:20131129140208j:plain

2013年11月25日早朝 永眠 (享年 16歳)