読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

komanyunの日常

とりとめもないことを綴った雑記

ばらつく医療費

先ほどぱれんに噛まれた処置として、破傷風の2回目を注射してきた。
1回目は保険適用だったのに、2回目は保険適用外。
なんで?

 一年半前に別の病院で注射されたときは、2回目も保険適用だった。

同じ治療を受けるのに、病院毎に料金が違うでは、医療を受ける側が混乱する。
自由診療における予防接種とは意味が違うのだから。

怪我をして毒が身体に回っている可能性があるのだから、「やーめた」とかいう選択肢はそもそもない。
治療として受けておかないと、場合によっては命を脅かすのだから、保険料を払っている以上、保険適用で治療を受けるのは当然の権利でしょう。

こんなふうに医療現場で、違いが出ると、一番情報のない患者が割を食う。
そんなんでいいんだろうか?

どこで治療を受けるかで負担額が変わるなら、行く前に常に「いくらですか?」と聞かねばならず、等しく国民が医療を受ける権利を阻害しているように思う。
同じ内容の治療なら病院を替えるだけで(高級病院だと分かっているものを除く)自費か保険適用か分かれるようなことは辞めて欲しい。
もっと言えば、もし例外的に自費を請求されるなら、患者の了解を得てからにして欲しい。
終わってから「自費です」と言われるのは、こちらも面食らう。

我々は数百円でも惜しいのだ。
(残りのお金でスーパーに買い物にいって、お金が足りず買う物を諦めたし・・・)

追記
今病院が県の医療センターに問い合わせ中。
県の返事によっては、保険適用に変更されるかも♪
疑問に思ったら、何事も問いあわせしてみるべし。

その後県の返事は、破傷風二回目は予防と取っても治療と取ってもいいという中途半端な返事だったらしい。
ワクチンの製造メーカーに問い合わせたら、1回目の接種から一ヶ月しか空いていないのでそれは治療に当たるとの返事で、病院は保険適用にすると判断した模様。
これから差額を返してもらいに行きます。
事務のお姉さん、忙しい中、関係箇所への確認作業ありがとうございました。

さらに追記
2400円が650円になった。差額1750円が返ってきた!