読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

komanyunの日常

とりとめもないことを綴った雑記

成就しなかった恋だからこそ残る

今から干支一周分くらい前のことを思い出しました。
口之永良部島という島に遊びにいったことがあります。
そのとき、T大の地質研究の一行と一緒になりました。
ちなみに私も同じ大学出身です。

口之永良部島は、火山活動により隆起した島で、自然味あふれるところです。

海は見たこともないほど綺麗で、海底から温水が吹き出ている所の水は緑、
海から流れ込んでくる冷たい水は青とマーブル状になっていました。

私は配偶者Sさんと訪れていて、見事な水の色に思わず飛び込みたい衝動に
駆られましたが、Sさんは泳ぐことができません。
かといって、私1人で沖までシュノーケリングするほど、泳ぎに長けているわけでは
ない。
躊躇していると、T大博士課程のBOOMの宮沢さん似のイケメンくんが
「一緒にいけば大丈夫だから」と声を掛けてくれました。
そしてやさしくつきそってくれ、私は色の違う水の間を行き来するという想いを
遂げることができました。

夜は一緒に満天の星空と南十字星を見ました。
そのとき、あーなんで私の側には宮沢くんじゃなくてSさんなんだろーと思ったことを
今でも思い出します。

同じ大学出身、偶然の出会い、優しくジェントルマンな振る舞い。
絵に描いたようなシチュエーションです。
でも・・・うまく行かないんですね。

お名前もしらない宮沢さん、いつかまた偶然に出会えたらいいなぁ。
夏の日に思い出す切ない記憶でした。
SNSで再会したい・・・。
(スイマセン、とんでもない思い出につきあわせました。ごめんちょ。)