読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

komanyunの日常

とりとめもないことを綴った雑記

孤独死はしないけど・・・

実家は、3世代で居住していた。
モンスターおばあちゃん、陰険おじいちゃん、キレるおとーさん、精神病のおかーさん
そして我々子供達。

子供は、家に帰ってきたら、まず自室へダッシュ。

親の部屋には行くけど、祖母祖父には、なるだけ会わないように暮らす。
たまに、祖父祖母と一緒に食事をしても、無言。
というか、話す内容がない。
そこで、おばーちゃんの独演会が、始まるけど、同じ話の繰り返し&自慢話なので
早々に退散。

孤独死がクローズアップされて、親子3世代で暮らせる人は、贅沢っていう雰囲気
があるけど、どうなんだろ?
孫と一緒の家に暮らせれば、幸せ?
むしろ、言葉も交わさないのだから、辛そう。

結局人間は何歳になっても、人としての魅力が問われる気がします。
人の話が聞けない、聞いて楽しくない話を続けるのであれば、どんなに血が繋がって
いようが、避けられます。
ボランティアでもない限り、話は聞いてもらえないのです。

考えようによっては、うちのじーさん、ばーさんも気の毒に思いますが、やはり
魅力がない人柄だったので仕方ありません。
結局何歳になっても、自分の心を磨き、魅力ある人間でなければ、孤独の沼底
へ落っこちてしまうんですね。