読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

komanyunの日常

とりとめもないことを綴った雑記

不動産売買の利益率

たまたま落札価格を知っていた物件の販売価格も知ることになったので
不動産会社がどれくらい利益を取るのか考えてみよう。

あるマンションが、不動産競売に掛けられた。

落札価格は470万円。落札したのはX社。
X社はY社に落札したマンションを売った。
その後Y社はおそらく100万~130万円かけて、リフォームを行い、930万円で
売りに出した。

仮に額面通りに販売できたとして、仲介手数料が約30万円(宅建法報酬規定より)。

*1/(470+130)*100=60%       <リフォーム130万円と仮定>

が不動産X社・Y社が得た合計の利益率である。
これが高いか安いか、不動産知識のない私には皆目見当が付かないが、だいたい
このくらいの利益率で中古物件は販売されているんだな~と知っていても
悪くはない。

ちなみにこの物件、買値は960万円ではない。
競売物件のために、滞納していた(管理費、修繕積立金、駐車場料金 の2年分)
40万円も購入者が負担するため、なんと470万円の価値物件が1000万円になる
のだ。

不動産は一生の買い物。いろいろ知識を得てから、買ってくださいね。

*1:930+30)-(470+130