読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

komanyunの日常

とりとめもないことを綴った雑記

私の親の間違った躾け

私がSさんにお願いしたことは、かなりの確率で忘れられ、放置される。
言われたときにちゃっちゃとしてしまえば、覚えておく煩雑さも省略できるし
やっていないじゃんと呆れられることもない。
それでも人はやりたいこと以外は、なかなか腰を上げない。

おそらくSさんの頭の中は、適当にやっていてもなんとかなるさ という考えなんだ。

だから出した物は、元の場所にしまわなくても大丈夫
壊れた物は修理しなくても大丈夫
ってなっちゃう。

私の親は私に道具をメンテナンスするとか、出した物を元に戻すという作業を
教育しなかった。だから出しっぱなしで、いつも探し物をしてばかり。
この生活態度は不便だと感じるようになって、自分の行為を改めて見直すと
整然とした中で暮らしている友人に比べて、物事の始まり側(必要とした瞬間)
しか見ていないことがわかった。

始まりがあれば、終わりもあるハズなのに、使う←→しまう の「しまう」が

頭から脱落している。
全てのものの流れのルールをよく知り、そのルールにそった暮らしをしていけば
大きな歪みに飲み込まれることなく、質の高い生活が保持できるのに。

ちゃんとルールを把握しましょうと改めて自分に言い聞かせようと思いました。