読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

komanyunの日常

とりとめもないことを綴った雑記

自分はたまねぎ?

NHK番組「わたしの思考探究」で、鷲田清一先生が言っていたこと

自分はなんだろうって考えたとき、人間はたまねぎだと思う。
たまねぎは、皮をめくっていったらどこかに芯があるんじゃないかって、思うけど
どこまでいっても皮ばっかりで、結局最後まで皮でおわっちゃう。
人間も同じ、自分ってどんな人って考えて、「社会人としての自分」をめくって
「父親としての自分」をめくって、「男としての自分」をめくって、とめくっていって
だからって最後本当の自分っていうのが現れることはない。

なるほど。

ならば、いろんな側面の組み合わせを持つ人そのものが、その人間なんだろう。

たとえ定年を向かえリタイアして、一枚皮をめくったとしても、地域で活動する
一枚を付け加えられれば、なんにもなしになることはない。
その時々動的に皮を追加したり、めくったりしていけば、たまねぎでい続けられる
わけで、恐れることはない。

ただあえてここで自分がたまねぎなんだと理解するには、自分の強みを知ること
が大事だろう。どんな皮をまとっていて、何枚くらいまとっていて、だから自分は
こんな形のたまねぎ と思っていたら、不安になることもない。
強みを知らなければ、自分の形も種類も分からなくて、「あなたって何?」って
尋ねられた日にゃー怖くて、泣いてしまう。

人生を自分の力で構築するとは、必要な皮と不必要な皮を判断し、自らの力で
自分のたまねぎを形成することだろう。

追記
2月のどっかの週で「わたしの思考探究」に泉谷閑示先生でます。
テーマは恋愛だって。どんな話だろうね?